078-391-7887 受付時間10:00~18:00

食物アレルギー検査(遅延型食物アレルギー検査)

食物アレルギー検査(遅延型食物アレルギー検査)

※ 現在、準備中のため実施しておりません。近日、実施予定です。

なんとなく体がだるい、頭が重い、お腹の調子が悪い、イライラする、お肌の調子が悪い、などのよくある体調不良。実は、何気なく普段口にしている食べ物が原因かもしれません。このようなアレルギー反応は、炎症や免疫異常を引き起こし、慢性化すると自己免疫疾患など、さまざまな病気の原因になるといわれています。健康のためにも自分が何に対してアレルギーを持っているのか、知っておくことはとても大切です。

当クリニックでは、このような食物によるアレルギーの検査を行っています。食物アレルギー検査を行い、自分自身の体に合う食物を知り、悪い食物を除去し、健康な体づくりに役立てましょう。

2つの食物アレルギーの種類

即時型アレルギー

一般的に知られている食物アレルギーは、卵、小麦、そば、かに、ピーナッツなどを食べた直後、かゆみやじんましん、腹痛などの症状が現れるもので、「即時型アレルギー」と呼ばれます。症状がすぐに現れるので、どの食物が原因なのかが判明しやすいのが特徴です。

遅延型アレルギー

これとは別に、食べた後6 時間から24 時間後に、身体がじっくり炎症を起こすタイプの食物アレルギーを「遅延型アレルギー」といいます。時間が経ってからゆっくりと身体じゅうで炎症が進行するため、原因に気づきにくく、さらにその食物を食べ続けることによって慢性的な炎症となり、さまざまな症状となって現れます。このようなダメージを受け続けると、細胞の老化にもつながります。

遅延型アレルギーで起こる症状

遅延型アレルギーがある場合、以下のような症状が起こります。慢性的に治らない症状には、必ず原因があります。下記のような症状が慢性的に治らない場合は、遅延型食物アレルギー検査を受けることをおすすめします。

消化器官
  • 消化不良
  • 腹部のけいれん
  • 腹痛
  • 口臭
  • げっぷ
  • 食後の膨満感
  • 鼓腸
  • 吐き気
  • 口蓋後部のかゆみ
  • 嘔吐
  • 過敏性腸症候群
  • ガスがたまる
  • 便秘
  • 下痢
神経システム
  • 片頭痛
  • 不安神経症
  • 錯乱
  • 憂鬱
  • 集中力不足
  • 攻撃的行動
  • 過敏症
  • 情動不安定
  • 過食症
  • 疲労
筋骨格系
  • 関節炎
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • だるさ
  • 関節リウマチ
泌尿生殖器系
  • 夜尿症
  • 頻尿
  • 尿意切迫
  • 膣のかゆみ
  • おりもの
  • 月経前症候群
  • 月経痛
  • ほてり
呼吸器系
  • ぜん息
  • 胸部不快
  • 慢性咳
  • 咽頭炎
  • 鼻水
  • 慢性副鼻腔炎
  • 鼻づまり
循環系
  • 胸痛
  • 不整脈
  • 高血圧
  • 頻脈
外皮系
  • アトピー性皮膚炎
  • にきび
  • 爪と髪の痛み
  • ふけ
  • じんましん
  • ドライスキン
  • 皮膚の蒼白
  • 目の下のくま
  • 多汗
その他
  • 過食
  • 慢性疲労
  • 目まい
  • 頭痛
  • 不眠
  • 吐気
  • むくみ
  • 急激な体重変動
  • 肥満
  • 歯ぎしり
  • 口内炎
  • ドライアイ
  • 涙目 など

こんな方におすすめです

  • 健康診断結果の結果は特に異常がないのに、体調不良が続いている方
  • ダイエットをしてもなかなか効果が出ない方
  • 肌荒れやニキビを治療しても、なかなか効果が出ない方
  • 気持ちが沈みがちな方
  • 将来の病気の可能性を発見して、早期治療を始めたい方

検査の方法

ステップ1:食物アレルギー検査

日本人の食生活にお馴染みの乳製品、野菜、果物、肉、魚、ナッツ、穀類、緑茶、烏龍茶、コーヒー、スパイス、昆布などをバランス良くそろえた96種類の食物について、アレルギー検査を行います。
少量の血液サンプルから100 種類以上の食品と50 種類以上の異なる吸入抗原(気管支に吸い込まれるほこり、ダニ、カビ、花粉、ペットの毛など)に対する免疫システム反応を測定し、即時型アレルギー、また、遅延型アレルギーの有無を正確に測定します。

ステップ2:消化器総合検査

ステップ1の食物アレルギー検査において、反応が多い場合に検討する検査です。消化器総合検査では、先進的・総合的な検査によって、胃腸内のアンバランスを評価することができます。消化、吸収、免疫、代謝、微生物の各マーカーにより、悪性疾病の有無、アレルギー原因の検証など、多岐にわたる検査を行います。

ステップ3:腸管侵漏症候群検査

腸管侵漏症候群検査では、腸管の状態を検証します。小腸には、①消化・吸収作用 ②毒物や巨大分子をブロックするという大きな2つの役割があります。健康な身体には、必須栄養素の吸収と毒性物質の排出の適切なバランスが必要ですが、消化不良や腸粘膜障壁の透過性の増加が起きると、慢性的な胃腸系の問題や多くの全身不調を引き起こします。
腸管の状態を正確に検証することで、腸管の状態からくるさまざまな症状に対して、体系的に治療を進めていくことができます。

検査の流れ

1.ご予約

当クリニックにお電話いただき、「食物アレルギー検査希望」とお申し付けください。

TEL : 078-391-7887

2.問診と採血

医師による問診の後、看護師が採血させていただきます。

3.アレルギー検査結果のご説明

約3週間以降に再度ご来院いただき、検査の結果についてご説明させていただきます。

4.食事アドバイス、消化器総合検査、腸管侵漏症候群検査 ※必要な場合のみ(いずれも有料)

検査結果を受けて、どのように食事を改善していけばいいのか、アドバイスさせていただきます。また、反応が多い場合は、腸が炎症を起こしている場合があります。その場合は、食事指導と一緒に腸の調整指導も行います。検査結果のレベルによっては、消化器総合検査、腸管侵漏症候群検査など、より精密な検査をおすすめする場合があります。

一般的に健康によいといわれる食品でも、自分にとってはアレルギーを起こす可能性の食品もあります。食物アレルギー検査は、自分の体に合った食事は何かを知るためにも、大切な検査です。特に病気というわけでもないのに体の不調や精神的な不安などがある人は、食物が原因となっていないかどうか、一度調べてみてもいいかもしれません。