078-391-7887 受付時間10:00~18:00

萎縮性膣炎、膣萎縮(老人性腟炎)によって起こる症状と治療について

萎縮性膣炎、膣萎縮(老人性腟炎)によって起こる症状と治療について

女性器は整形できる|形や色が気になる女性へ伝えたい8つの美容整形について

締まりを良くする方法とは?|セックスで男性を満足させたい女性にお伝えしたいこと

健康な膣には主に6種類の細菌が常在菌として感染しています。その中でも乳酸桿菌とは言われる常在菌 ( デーデルライン桿菌 )は膣上皮のグリコーゲンを乳酸に変えて、膣のpH4.0前後の酸性に保つため病原細菌の増殖を防いでいます。これを膣の自浄作用といいます。

萎縮性膣炎、膣萎縮とは老人性膣炎ともいいます。主に閉経後に女性ホルモンのエストロゲンの低下により、膣壁が薄くなり、乾燥し、コラーゲンの減少により柔軟性が低下し、傷つきやすくなった状態です。

膣の乳酸桿菌が減少し膣のpHが上昇し、自浄作用が弱くなり病原細菌が繁殖しやすくなります。傷と病原細菌により膣内の炎症が悪化します。

自覚症状としては

膣の乾燥

性交時痛

おりもの異常 ( 色、臭い、量 )

性交時、性交後の出血

排尿時痛

頻尿、膀胱炎

尿漏れ

萎縮性膣炎、膣萎縮は閉経後の女性だけではなく、

月経不順 ( 無月経、希発月経、頻発月経、過少月経など )

産後の長期の授乳

女性ホルモンを抑制する薬剤の使用

喫煙

卵巣摘出術後

ガン治療後

などがあると若年女性にも見られることがあります。性生活にマイナスの影響を与えるだけでなく、様々なく感染症のリスクを高め、妊娠にも影響を与えることもあります。

若年女性でも上記に当てはまる方は要注意です。

こちらのブログでは、女性の身体の悩みを解決する考え方をまとめていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ゆかログ

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

デリケートゾーンの悩み|現場から見る5つの悩みとその原因と治療について

避妊以外の使い方があるって知ってた?ピルの使い方と効果について

執筆 : 辻 ゆかり