078-391-7887 受付時間10:00~18:00

妊娠できるかどうか知りたい⁉

妊娠できるかどうか知りたい⁉

当院に通院されている患者様から「妊娠できるかどうか知りたい。」と聞かれることがあります。妊娠の成立には女性、男性因子が複合的に絡んでいるため、何か一つの検査で妊娠できるかどうか判断できるものではありません。

また、ほとんどの患者様が、いわゆる不妊検査を望んではいないようにも感じます。
当院でも不妊検査、治療は行っていません。

しかし、患者様の「妊娠できるかどうか知りたい⁉」とういう気持ちに、少しでも私にできることがないか考えてみました。

現在30歳以上の未婚の方、既婚の方でも「不妊専門クリニックを受診する程ではないかも?」、「受診には抵抗がある。」など判断に迷っている方に、AMH検査を当院ではおすすめしています。

AMH( Anti Mullerian Hormone :抗ミュラー管ホルモン)検査は一つの指標になる検査だと思います。

ただし、妊娠できるかどうかの予測に用いることはできません。じゃあ、何のためにする検査なのだろう?と思われるでしょう。その理由は後述します。

この検査で患者様が迷い、諦めから停止ではなく前進の一助になれば、と思っています。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

女性器は整形できる|形や色が気になる女性へ伝えたい8つの美容整形について

締まりを良くする方法とは?|セックスで男性を満足させたい女性にお伝えしたいこと

 

AMH( Anti Mullerian Hormone :抗ミュラー管ホルモン)とは?

AMHは卵巣の中にある未熟な卵胞(前胞状卵胞)から分泌されます。

前胞状卵胞が多ければAMHが高く、少なくなるとAMHが低くなります。

卵子(原始卵胞)は胎児が妊娠20週の頃に最も多く約700万個、生まれた時には急速に減少し約200万個、初経の頃には約30~40万個になります。

卵子は精子のように新しく作られることはありません。
一つの卵子が排卵するために、約1,000個の卵母細胞が候補となります。
卵子となる一つ以外は全て使用されず無駄になります。
初経以降、卵子は月に約1,000個減っていくため、通常、加齢とともにAMHは低くなります。

AMHは正常値というものはありません。
決して年齢と相関しているわけではないため、平均値(年齢との相関関係)といわれる統計値ととらえます。

AMHの値を知ることで不妊専門クリニックでのART(assisted reproductiv technology:生殖補助医療≒高度不妊治療{体外受精や顕微授精})が必要かどうかの判断の目安になります。

AMHが高ければ大丈夫とも一概にはいえません。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の症状が見られる患者様の場合はAMHが高く出ることがあります。
そのため、脳下垂体ホルモンのLH、FSHの値やインスリン抵抗性、超音波検査で卵巣内の卵胞の状態などを参考に総合的に判断します。

AMHが低いからといって妊娠できないわけではありません。

AMHは 前胞状卵胞数を測定しているだけで、卵子の質を判断していません。

卵子の老化は、「卵子の数の減少」、「卵子の質の低下」の二つです。

そのため、AMHは妊娠できるかどうかの予測には用いることはできません。

「卵子の質」については、後日記載する予定です。

 

AMH検査で予測されること

①卵巣予備能 (妊娠可能な卵子が卵巣にどれくらい残っているかとういうこと。 残存卵子の数)

②加齢と更年期

③PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の予測

④ART(assisted reproductiv technology:生殖補助医療≒高度不妊治療)の予測因子

⑤OHSS(ovarian hyperstimulation syndorome:卵巣過剰刺激症候群)の予測

⑥生殖医療の治療方針

⑦顆粒膜細胞腫

当院では上記①~③についてAMH検査後のご相談、治療が可能です。

 

こちらのブログでは、女性の身体の悩みを解決する考え方をまとめていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ゆかログ

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

デリケートゾーンの悩み|現場から見る5つの悩みとその原因と治療について

避妊以外の使い方があるって知ってた?ピルの使い方と効果について

ピルで卵巣がんを予防する|排卵のストレスが卵巣がんの原因となる

執筆 : 辻 ゆかり