078-391-7887 受付時間10:00~18:00

子宮がん検診

子宮がん検診

子宮がんは、子宮の内側を覆う上皮細胞から発生するがんで、女性性器がんの中で、最も多いものです。子宮がんは、子宮の入り口付近の子宮頸部にできる「子宮頸がん」と、子宮の奥の体部粘膜にできる「子宮体がん」の2種類に分類されます。日本人の場合、今までは子宮頸がんが圧倒的に多く、子宮がんの約80%を占めていました。しかし、最近では、欧米諸国に多い子宮体がんが日本でも次第に増えており、子宮がん全体の30~40%を占めるようになってきました。この2種類の子宮がんは、原因も療法も異なるため、別のがんとして扱います。

子宮頸がんとその検査

子宮頸がんとは

子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染することによって引き起こされます。HPVは、皮膚・粘膜の接触で伝搬するため、セックスの経験がある人なら誰でも感染する可能性がある、ありふれたウイルスです。女性の約8割が、50歳までに感染するといわれています。HPVに感染していても、多くの人は自覚症状もなく、自然の免疫力でウイルスを追い出すことができます。HPVには100種類以上の型があり、そのうち16型や18型など、特定の型のみが子宮頸がんへと進んでいきます。

子宮頸がんの検査

細胞診検査

子宮頸部をこすって細胞を採取し、検査します。

HPV検査

子宮頸部の細胞を綿棒などでこすって細胞を採取する検査で、スクリーニング検査とタイピング検査の2種類があります。細胞診だけによる子宮頸がん検査は、正確性に欠ける部分があります。細胞診で異常がなくても、HPV検査によって子宮頸がんの原因となるHPVウイルスが発見されることもありますので、当クリニックではより子宮頸がん検査の精度をあげるため、細胞診とHPV検査の併用検査をおすすめしています(下図参照)。細胞診とHPV検査は同時に行うことができるため、余計な検査時間はかかりません。検査によってHPVウイルスが発見されても、その約9割が2年で消失するため、すぐに治療が必要ということはありません。ただ、HPVウイルスが持続感染している場合は、がんになる前の異形成の状態などが疑われますので、早期予防のためにも1~2年ごとを目安として定期的に受けておきたい検査です。

スクリーニング検査

100種類以上あるHPV型の中から、特に子宮頸がんに進行しやすい高リスク型のHPV(16・18・31・33・35・39・45・51・52・56・58・59・68型)の感染の有無を判定します。検査結果は4~5日と短期間で得ることができます。

費用

4,000円(保険外)

タイピング検査

HPVの感染の有無だけでなく、その型を特定し(16・18・31・33・35・39・45・51・52・56・58・59・67・68型)、より精度の高い判定を行います。検査結果は2週間とやや長くかかります。

費用

10,000円(保険外)

コルポ診組織検査

「コルポスコープ」という膣の拡大鏡のような機械で子宮頸部を観察し、異常所見のある部位を狙って1~2ミリ程度数か所を切除する生検(子宮頸部病理組織診断)を行います。この検査で、がんの進行度を正しく知ることができます。

HPVに感染していても、多くの人は自覚症状もなく、自然の免疫力でウイルスを追い出すことができますので、感染=「子宮頸がん」ではありません。ただ、HPVに長期感染しているかどうかを調べることで、前がん病変である異型成を発見することができますので、子宮頸がんの早期発見につながります。

より子宮頸がん検査の精度をあげるため、当クリニックでは細胞診とHPV検査の併用検査をお勧めしております。細胞診とHPVは同時に検査が可能なため、検査時間が長くなることもありません。ぜひ併用検査で、より確実な診断を。

子宮体がんとその検査

子宮体がんとは

子宮体がんは、そのほとんどが卵巣から分泌される卵胞ホルモンの作用をうけて月経をおこす「子宮内膜」から発生するため、子宮内膜がんとも呼ばれています。
卵胞ホルモンの値が高い方は、子宮内膜増殖症という前段階を経て子宮体がんにかかることがあります。出産したことがない、肥満、生理不順、卵胞ホルモン製剤だけのホルモン療法を受けている方などがこれにあたります。
一方、卵胞ホルモンの刺激と関連なく生じる子宮体がんもあります。このタイプはがん関連遺伝子の異常に伴って発生するとされ、比較的高齢者に多くみられます。そのほかにも高血圧、糖尿病、近親者に乳がん・大腸がんを患った方がいることなども危険因子として知られています。
子宮体がんの場合、最も多く見られる症状が不正出血です。閉経後あるいは更年期での不正出血がある時は、特に注意が必要です。最近では食生活の変化などにより、若い人にも多く発症するようになってきましたので、ポリープなど、外から見える症状が無いのに不正出血が続く場合は、自己診断は避け、必ず子宮がん検診を受けるようにしてください。

子宮体がんの検査

細胞診検査

子宮頸がんの検診と同様、子宮の内部に器具を挿入して細胞を採取し、検査します。疑わしいところがあれば、さらに組織を採取して診断を行います。細胞診の正誤率は30%であるため、検査は3回を目安に行います。出血中はより検査がしやすいため、出血しているからとためらわず、検査を受けるようにしてください。

子宮内膜組織診

子宮体がん検診の細胞診で疑陽性または陽性が認められた場合に行う検査です。子宮鏡によって子宮頸管内から子宮腔内を観察し、病巣の有無を確認します。