078-391-7887 受付時間10:00~18:00

生理のトラブル

生理のトラブル

生理にまつわるトラブルには生理痛だけではなく、生理不順や生理前のさまざまなトラブルがあります。痛みを感じたりと、程度の差こそあれ、女性の多くが体に何らかの変調を感じるのではないでしょうか。また、疲れやストレスなどを抱えることによって症状が重くなる場合もあり、生活改善などにより症状をやわらげる工夫も必要です。あなたは以下のような生理トラブルを抱えていませんか。もし思い当たることがあれば、ぜひ当クリニックまでご相談ください。

生理痛

生理痛の原因は、大きく分けて2つあります。

器質性の生理痛

子宮や卵巣の病気が原因となって起こる痛みで、最も一般的な病気としては、子宮筋腫や子宮内膜症などがあります。20歳以上の女性の5~6人に1人は、何らかの子宮・卵巣の腫瘍があるといわれています。
器質性の場合は機能性に比べて痛みが強いことが特徴です。毎月激しい生理痛がある場合は、まずは子宮・卵巣の病気を疑い、婦人科を受診しましょう。

機能性生理痛のメカニズム

機能性の生理痛

明らかな子宮や卵巣の病気が認められないものの痛みがある場合で、プロスタグランジンというホルモンに似た物質の過剰分泌が原因といわれています。
月経の1週間ぐらい前から子宮内膜のプロスタグランジンが増加して、子宮の筋肉を収縮させたり、血液中に入りこむことで痛みの原因になるといわれています。

治療法

生理痛の治療に使用するピル

薬物療法

  • OC(低用量ピル)…プロスタグランジンの過剰な産生を抑えます。

  • 鎮痛薬…できてしまったプロスタグランジンを分解します。

  • 漢方薬…血や気の流れを改善することで痛みを改善します。

手術療法※器質性の生理痛の場合

子宮筋腫核出術、子宮全摘術、子宮内膜症癒着剥離術、FUS(集束超音波治療)、UAE(子宮動脈塞栓術)など

関連ページ

プロスタグランジンが過剰に出続けると、その刺激で子宮筋腫ができたり、卵巣が子宮内膜症になったりします。今、目に見える病気がなくても、生理痛は婦人科の病気の原因になりますので、注意が必要です。

プロスタグランジンを増やすのは、ストレス、冷え、むくみといった生活習慣も大きく関係しています。冷たいものを飲みすぎる、薄着などをあらためて、プロスタグランジンを増やさない努力をしましょう!

生理不順

症状について

生理の周期は、「前の生理が始まった日から次の生理が始まる前日までの日数」で表します。この日数が25~38日の間であれば生理は正常であり、24日以下、あるいは39日以上の場合を「生理不順」といいます。
また、生理の持続日数については、3~7日が正常です。常に2日以内で生理が終わる人や8日以上続く場合も、生理不順の中に入ります。

原因

下記に挙げたような大きな負担が体にかかると、視床下部から正常な指令が出なくなったり、自律神経の乱れからホルモンの分泌に影響が出て、生理不順が起こりがちです。

  • 過度のストレス
  • 過度のダイエットにともなう急激な体重減少
  • 急激な体重増加
  • 激しい運動、スポーツ

また、体の特定の器官に異常がある場合も、生理不順が起こる場合があります。

  • 下垂体の機能の異常
  • 卵巣の異常
  • 甲状腺機能亢進症・低下症
  • 薬の副作用(特に抗鬱剤などの向精神薬)

治療法

OC(低用量ピル)

ホルモンをコントロールすることで、生理を正常にします。

漢方薬

血や気の流れを改善することでホルモンのバランスを整えます

生活習慣改善などの対処療法
  • 色々な食材をバランス良く摂取する
  • 暴飲暴食・偏食をしない
  • 刺激の強いものを摂り過ぎない
  • お酒・アルコールを飲み過ぎない
  • からだに大きな負担をかけない
  • 疲れやストレスをためすぎない
  • 過度の運動やダイエットはせず、規則正しい生活をおくる
  • 禁煙する
  • 睡眠時間をしっかりとって睡眠不足を解消する
関連ページ

生理不順は、生理周期だけではなく、生理の持続日数も含めて考えます。ちょっと長く生理が続くけれど、毎月きまった周期に生理が来ているから大丈夫と思っている方は、思わぬ病気が潜んでいる可能性もありますので、要注意です。

ホルモン剤でホルモンバランスをいくら整えても、やはり毎日の生活習慣は大切です。特に女性は体を冷やすとさまざまな不調が起こりやすいので、薄着や冷たいもののとりすぎなどに十分注意してください。

月経量の異常(生理中の出血量の異常)

症状について

生理の量は多すぎても、少なすぎても問題があります。例えば、一番多い日に1日1枚のナプキンで問題ない人や、逆に、多い日用のナプキンが3時間ほどで溢れてしまうといった場合は、月経量の異常と考えられます。

原因

月経量が少なすぎる場合

一番生理が多い日でも、1枚のナプキンで十分という場合は、「無排卵性周期症」といって、排卵が起こらずに破綻出血を起こしている場合があります。また、若い時は普通だったのに、30代後半ぐらいから、このような現象が起こる場合もあります。
月経量が少なすぎると感じる場合は、一度診察を受けることをお勧めします。

月経量が多すぎる場合

月経量が一番多い日に、通常は4~5時間は使用できる多い日用のナプキンが、3時間で漏れを起こす、または、レバーのような固まりが出るといった場合は、月経量が多いと判断できます。多すぎる月経量は、ホルモンバランスの異常、もしくは、子宮筋腫やポリープといった子宮・卵巣の病気の可能性があります。

治療法

治療法は、生理痛の場合とほぼ同じです。子宮や卵巣の病気がある場合は手術などが必要な場合もありますが、基本的には薬物療法、対症療法で対応します。

関連ページ

生理不順は、生理周期だけではなく、生理の持続日数も含めて考えます。ちょっと長く生理が続くけれど、毎月きまった周期に生理が来ているから大丈夫と思っている方は、思わぬ病気が潜んでいる可能性もありますので、要注意です。

ホルモン剤でホルモンバランスをいくら整えても、やはり毎日の生活習慣は大切です。特に女性は体を冷やすとさまざまな不調が起こりやすいので、薄着や冷たいもののとりすぎなどに十分注意してください。

生理前トラブル

症状について

生理前、3~10日の高温期の間、黄体ホルモンが活発に働くことによって起こる精神的、あるいは、身体的症状で、生理が始まるとともにおさまる症状です。

身体的症状
  • 頭痛
  • 下腹部痛
  • 乳房痛
  • 胸の張り・痛み
  • むくみ
  • 腰痛
  • 便秘
  • 眠気
精神的症状
  • イライラする
  • 落ち込み
  • 不安
  • 睡眠障害

原因

黄体ホルモンの活性化、または、多量の分泌が原因と考えられています。きちんと排卵のある証拠ともいえますが、日常生活に支障をきたすようであれば、治療を考えましょう。

治療法

OC(低用量ピル)

黄体ホルモンをおさえる働きをします。

痛みを抑える鎮痛剤、精神症状に対しては精神安定剤など、それぞれの症状に合わせて薬を服用します。

漢方薬

体質改善を目的として、個人の症状に合わせて服用します。

生活習慣改善などの対処療法

主に食生活の改善など

関連ページ