078-391-7887 受付時間10:00~18:00

ピルに関するQ&A

ピルに関するQ&A

処方について

ピルは、薬局で買うことができますか?

医師の処方なしでは、ピルを買うことができません。

ピルを処方してもらうのに、検査は必要ですか?

初回のみ診察が必要です。検査希望しなければ、内診の必要はありません。血圧測定のみで処方可能です。子宮頸がんの検診など、最低でも年に1回は婦人科検診を受けましょう。

ピル外来は予約制ですか?

初回のみ、予約が必要です。2回目以降の処方希望時は、予約なしで、ピル外来にて購入してください。

避妊目的以外でも処方してもらえますか?

もちろん可能です。避妊以外にも、生理痛の軽減や生理不順の改善など、さまざまなメリットがあります。

ピルが飲めないのはどのような場合ですか?

  1. 35歳以上で1日15本以上の喫煙者
  2. 前兆を伴う片頭痛のある方
  3. 中等度以上の高血圧の方
  4. 静脈血栓症・肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患および既往歴のある方
  5. コントロールのつかない糖尿病の方
  6. 乳がんの方
  7. 重篤な肝障害、肝臓がん、肝腫瘍(良性・悪性)の方

などです。詳しくは、医師にご相談ください。

副作用について

ピルを服用して、太りませんか?

ほとんどの人の場合、心配はいりません。ピルと体重増加の根拠は認められないという結論が出ています。

ピル服用をはじめて不正出血が続いていますが、大丈夫ですか?

飲み始めのマイナートラブル(副作用)と思われます。3周期の頃には治まってくるはずです。

ピルにはどのような副作用がありますか?

低用量ピルの副作用は極めて少ないです。個人差はありますが、吐き気・頭痛・めまい・乳房が張る・不正出血・憂うつ感などの症状が出る場合があります。これらの症状は、2~3ヶ月でほぼ治まります。

飲み合わせなどについて

ピルと風邪薬を併用しても大丈夫ですか?

市販の風邪薬であれば、問題ありません。病院で処方される抗生剤のなかには、ピルの作用を減弱させるものがあるため、医師にかかる場合は「低用量ピルを服用している。」と伝えてください。

ピルとサプリメントの飲み合わせについて

ほとんどのサプリメントとの併用は問題ありません。薬草の「セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)」を含むサプリメントは、ピルの作用を減弱させてしまいますので、併用に注意が必要です。

プラセンタ注射をしていますが、ピルとの併用は問題ありませんか?

問題ないという見解が多く、当院もそのように考えます。どうしても心配な方は医師にご相談ください。

妊娠などへの影響について

ピルを服用したら、妊娠しにくくなりませんか?

心配いりません。ピル服用で、いったん卵巣を休ませて、排卵を抑えるため、卵巣の老化防止に繋がります。ピル服用中止後、質の良い卵子の排卵が期待できます。望まない妊娠を避けるだけでなく、妊娠したいときに妊娠することが可能になります。

授乳中にピルを服用してもいいですか?

産後6ヶ月間、もしくは離乳するまでは服用をやめましょう。

ブログが新しくなりました ゆかログ