078-391-7887 受付時間10:00~18:00

クラミジア感染症

クラミジア感染症

どんな病気?

微生物が原因で患者数の多い感染症

クラミジア・トラコマチスという微生物に感染して起こる病気です。
世界各地で感染者がみられ、「世界で最も患者数が多い感染症」といわれています。

若年層の女性に感染者が多くみられます

感染者は、圧倒的に10〜30代の若年層の女性に多く、感染率は男性の2倍以上で、その数も年々増加しています。
たとえパートナーが1人でも、たった1回の性行為で感染することもあります。

症状について

自覚症状を感じにくい病気です

感染した女性の約80%は自覚症状がありません。そのため、診断治療に至らないことも多く、無自覚のうちに男性パートナーや出産児へ感染させることもあるので、注意が必要です。症状が出はじめると、おりものの増加や軽い下腹部痛、排尿時痛が起こるようになります。

放置すると上行性感染を起こします

さらに感染を放置していると、子宮の入口で炎症を起こし、卵管、卵巣に広がり、やがて骨盤腹膜炎を引き起こし、肝臓にまで広がる上行性感染につながります。また、不妊症や子宮外妊娠の原因になることもあります。

目や喉にも感染します

目や喉の粘膜にも感染しますので、風邪でもないのに喉の不快感が続く方は、検査をお勧めします。
男性は、女性よりさらに症状が軽く、自覚しにくいですが、症状のある場合は、性器の不快感、痒み、水や粘液のような分泌物などが現れます。

治療法

パートナーと一緒に治療しましょう

治療には、抗生物質の飲み薬を服用します。薬を服用することで、通常2週間ほどで治療が可能です。
ただし、パートナーが治療しなければ、たとえ完治しても、またすぐに感染するため、パートナーと一緒に治療することが鉄則です。また、複数のパートナーがいる場合は、お互いに感染し合うため、性行動を改める必要があります。他の性感染症と併発している可能性も高いため、検査をお勧めします。

性感染症は、パートナーと協力して治療することが何より大事ですので、しっかり話し合って、一緒に治療するようにしましょう。