078-391-7887 受付時間10:00~18:00

美容婦人科(大陰唇縮小術)

美容婦人科(大陰唇縮小術)

大陰唇とは?

大陰唇は、太ももの付け根と小陰唇の間にある左右一対のヒダの部分です。大陰唇は、女性器の内側にある生殖器と尿道口を保護し、衝撃などから性器を守る役割があるため、脂肪が豊かについてふっくらとしています。

通常でもふっくらとしている印象の大陰唇ですが、必要以上に肥大してくると、見た目が悪くなってしまったり、肥大した部分が下着やナプキンなどにこすれて肌荒れを起こしたり、痛みを伴ったりします。また、汚れがたまりやすくなるため、ニオイなども気になることがあります。

どのような治療ですか?

人の容姿と同じで、大陰唇の大きさや形にもかなり個人差があり、ほとんど遺伝的な要素で決まってしまいます。当然、老化や出産によって形は変化しますが、それ以外で大きくなることはまずありません。大陰唇肥大は決して病気ではありませんが、深刻に悩んでいる方が多く、非常にポピュラーで希望者の多い手術です。

大陰唇縮小術は、大陰唇が肥大した箇所や黒ずみが目立つ箇所を切開し縫合することで、大陰唇を正常な大きさに戻す施術です。比較的簡単な手術ですので、体への負担が少なく、女性器をきれいに整えることができます。

当クリニックでは、院長が長年の産婦人科医としての経験を生かし、丁寧な施術を行っています。手術前には、大きさや形など、患者様のご希望をしっかりと確認いたしますので、ご安心ください。また、傷口は何層かに分けて丁寧に縫合し、できる限り傷跡が残らないように配慮しています。

どのような治療ですか?

どのような症状に適していますか?

  • 大陰唇が大きくなり、下着などにこすれて痛い
  • 大陰唇の黒ずみやシワが気になる
  • 若々しくてきれいな女性器を取り戻したい
  • ニオイが気になる
  • 性行為がしづらい

治療の流れ

1.診療予約

手術のご相談、ご予約はお電話のみで受付しております。院長診によるご予約となるため、クリニックへ直接お電話でご確認ください。

TEL : 078-391-7887

  • 診療状況などでご予約いただいた時間に診察できない場合もございますが、ご了承ください。
  • 本施術は完全予約制で行っています。まずは、ご予約のお電話をお願いします。
  • 美容婦人科のご予約はお電話でのみ承っております。
2.デザインの相談と手術日の決定

診察時に大陰唇の大きさを確認し、希望の大きさ・形をご相談ください。当日、手術の予約も可能です。

3.手術当日
①麻酔(表面麻酔と局所麻酔)

術後の疼痛緩和と止血効果を上げるため、局所麻酔を行います。

治療を受けられる一方で一番心配なのは、手術中の痛みだと思います。そのためご希望の方は手術前に、局所麻酔の痛みを和らげる表面麻酔のクリームをご自身で塗って頂きます。
完全に無痛をご希望の方は静脈麻酔(50,000円/税別)を併用する方法もあります。

②切除と処置

ご希望の大きさ・形になるよう、余分な部分を切除して丁寧に縫合します。縫合は、まず皮下を何層かに縫合した後、表皮を縫合します。当クリニックでは、何層にも分けて丁寧に形成外科的に縫合を行うため、傷跡の心配はほとんどありません。

切除には、基本的には術後の腫れや炎症の少ないコールドナイフを使用します。高周波、レーザー等は熱が発生するため炎症・腫れが一時的に生じます。余分な出血を抑えたり、組織が厚い場合には使用することがあります。
また、縫合には吸収が早く、組織に反応を残しにくい吸収糸(溶ける糸)を使用するため、術後に傷跡が残りにくく、局所の炎症を最小にすることができます。

4.アフターケア

当クリニックでは、手術後最低2回の検診を受けていただきます(検診費用は手術料金に含まれています)。
特に、術後7日以内の検診は、必ず受けて頂いております(遠方から来院の方にもお願いしております)。

産婦人科専門医(女性の外性器・内性器を機能的・形態的に熟知した医師)である院長が、相談・手術・アフターフォローまで責任をもって担当しますので、安心してご相談ください。

治療料金

大陰唇縮小術(両側)

400,000円

大陰唇縮小術(片側)

220,000円

 上記料金には、いずれも局所麻酔、手術、検診2回分の料金を含みます。

 上記料金は、消費税別の価格です。

治療後の注意点

  • 傷をきれいに治すため、縫合はできるだけ強く締めつけないよう行うようにしています。そのため、手術後出血することがありますが、数日で出血はなくなりますので、心配ありません。
  • シャワーは手術当日より可能ですが、入浴は医師の指示があるまで控えてください。
  • 自転車、バイクなど、直接患部に刺激となるようなことは3週間控えてください。内出血をして傷が異常に腫れて、仕上がりに影響がでることがあります。
  • 激しい運動は、4~6週後から可能です。
  • 性交は4週目までお控えください。
  • 腫れは4週目くらいでほぼ落ち着きます(個人差があります)。

 上記はいずれも標準的な場合で、個人差があります。