078-391-7887 受付時間10:00~18:00

子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープ

どんな病気?

子宮内腔に腫瘍(ポリープ)ができる病気です

子宮内膜が過剰に増殖し、子宮内腔に腫瘍(ポリープ)ができる病気です。
子宮内膜がエストロゲン(卵胞ホルモン)によって過剰に増殖して起こると考えられています。ほとんどが良性のものですが、ごく稀に悪性のことがあります。大きさはさまざまですが、通常2~4cm、まれに大きいものでは10cmにも達するといわれています。また、1つだけでなく複数できる場合もあります。

症状について

不妊の原因であることも

生理痛や月経量が多くなる、不正出血が起こるなどの症状がみられることもありますが、無症状での場合も多くあります。
子宮内膜ポリープがあると、卵管で受精した受精卵が子宮内にもどってきてしまい、着床を妨げるため、不妊の原因となります。

治療法

ポリープの摘出が確実

薬剤ではほとんど治らないため、子宮内膜を掻爬して、ポリープを摘出する方法が、一番確実です。基本は、無麻酔か局所麻酔下で行う簡単な手術で、入院せずに日帰りで行うことができます。

小さなポリープは、超音波検査などでは見つかりにくいため、原因がはっきりしない不妊で悩んでいる場合には、子宮内膜ポリープの可能性を疑って、検査を受けることをお勧めします。

ブログが新しくなりました ゆかログ