078-391-7887 受付時間10:00~18:00

子宮内膜症

子宮内膜症

どんな病気?

子宮内膜が子宮以外の場所にできる病気です

子宮の内側をおおっている内膜、または、それに似た組織が、何らかの原因で本来あるべき子宮の内側以外の場所にできる病気です。
子宮内膜は、生理のたびに増殖し、はがれて出血しますが、別の場所にできた内膜組織も、同じように生理のたびにはがれて出血します。
子宮内膜ではがれた組織や血液は、膣から外に出て生理となりますが、それ以外の病巣では組織や血液が外に出ていかないことから、周囲の組織への炎症や癒着などを引き起こし、痛みなどの症状が発生したり、不妊症の原因になったりします。
20〜30代の女性に発症することが多く、ピークは30〜34歳といわれています。
子宮内膜症が起こる原因ははっきり分かっておらず、生理のある女性なら、だれでも子宮内膜症になる可能性があります。
特に、少しでも生理痛がある人は全員、子宮内膜症の危険因子をもっているといえます。

子宮内膜症の発生場所

子宮内膜症が最も発生しやすいのは卵巣ですが、ダクラス窩(子宮と直腸の間のくぼみ)、仙骨子宮靭帯(子宮を後ろから支える靭帯)、膀胱子宮窩(子宮と膀胱の間のくぼみ)などにもできます。
その中でも、子宮内膜症が卵巣内に発生するものを「卵巣チョコレートのう胞」といい、大きくなると腹部に膨張感を覚えます。
卵巣チョコレートのう胞は、ねじれたり破裂することがあり、このような状態になると激痛におそわれます。特に気を付けなければならないのは、卵巣がんに変化する可能性が約0.7%と非常に高いということです。40代以上で卵巣チョコレートのう胞がある方は、特に注意が必要ですので、定期的に超音波検査などを行うことをお勧めします。

症状について

代表的な症状は、ひどい生理痛

痛みの中でも生理痛は、子宮内膜症の患者さんの90%に見られる症状です。
特に、以下のような症状のある人は、一度当クリニックを受診することをお勧めします。

  • 生理痛がひどく、市販の鎮痛剤ではあまり効果が無い
  • 生理の経血量が多く、期間も長い。
  • 生理痛が年々ひどくなっている
  • 生理時ではない時に、下腹部痛などが起こる
  • 生理時に下腹部痛だけでなく、吐き気や頭痛などが起こる。または、生理後に下腹部の膨張感がある。
  • 性交痛、排便時痛がある

不妊も代表的な症状のひとつです。卵管や卵巣、子宮に炎症や癒着が起こることで、妊娠に影響します。

治療法

子宮内膜症の治療は、薬を使う薬物療法と、手術療法の大きく2つに分かれます。
病気の進行状況、痛みの強さなどの症状、卵巣チョコレートのう胞の有無と大きさなどはもちろん、年齢や今後の妊娠を望むかどうかによっても治療方針は変わってきます。

薬物療法

痛みを抑えることが目的である「対症療法」と、ホルモン剤による治療を行う「ホルモン療法」の2種類があります。

対症療法

鎮痛薬や漢方薬などにより、痛みを抑えます。痛みの程度が軽い場合や、子宮内膜症の初期段階などの治療として選択します。

ホルモン療法

低用量ピルなどを服用することで、妊娠と同じ状態にする「偽妊娠療法」などによって生理を軽くし、症状の改善を図ります。また、卵巣チョコレートのう胞があっても5cm未満の場合は、薬物療法を行いながら経過をみることが多いです。

手術療法

卵巣チョコレートのう胞などの病巣がはっきりしていて、大きさも5cm以上ある場合や、薬による治療に効果がみられないとき、また、病巣が進行する場合は、手術を行います。
妊娠を望んでいる場合は、病巣部のみを切除して、子宮や卵巣を残す「保存的手術」を選択します。妊娠を望まない場合には、子宮や卵巣、卵管をすべて摘出する「根治手術」を行います。根治手術を行うと、再発の心配がなくなります。

子宮内膜症は再発を繰り返しやすいという特徴があります。よい状態を保つためにも、定期検診を忘れずに続けることが大切です。

ブログが新しくなりました ゆかログ