078-391-7887 受付時間 AM 10:00〜13:00 PM 15:30〜18:30 土 15:30〜17:00 / 休診日 水・日・祝日

項目名

オーソモレキュラー療法

pill_control_pic_01

オーソモレキュラー療法とは

オーソモレキュラー療法(Orthomolecular medicine)とは、栄養を至適濃度で摂取することで身体のホメオスタシス(恒常性維持機能)を向上させ、健康を維持する栄養療法です。
従来の栄養療法とは違い、欠乏症の治療や予防するものではなく、加齢による変化を補うものでもありません。

従来の栄養学

  • 欠乏症でなければ、正常である

-脚気でなければ、ビタミンB1は足りている
-貧血でなければ、鉄は足りている

オーソモレキュラー栄養医学

  • 潜在性の欠乏状態がある

-生体の機能の低下、トラブルが生じる
-最適な健康のための必要量には、個人差が極めて大きい

現代人は栄養不足になりやすい

general_menopausaldisorder_pic_01

食生活の変化による栄養不足

ダイエットしたい女性の方の殆どは、「自分が太っているのは食べ過ぎているから」と考える人が大半だと思います。しかし、「太っているから」「痩せたいから」と言って食事を制限してしまうのは、糖質を燃やすための栄養素(ビタミンB郡など)が足りなくなりかえって太りやすくなってしまいます。つまり、必ずしも太っているからと言って栄養不足ではないというわけではないのです。

 様々なストレスによる栄養不足

人間関係や仕事のことでストレスは本人の知らず知らずのうちに、積み重なっていきます。積み重なったストレスは、その分だけエネルギーを消費してしまい、しまいには栄養不足になってしまいます。そして、栄養不足になった身体ではイライラしやすくなり、ストレスを感じやすくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

不足しがちな栄養素

現代人に大事な栄養素のひとつに『鉄』という栄養素があります。

鉄分には赤血球を作る力とコラーゲンの生合成をするはたらきがありますが、もし、不足してしまうと…

  1. 粘膜や皮膚の萎縮と機能の低下
  2. 様々な精神神経症状、易興奮性、集中力の低下や頭痛
  3. 運動機能の改善
  4. 小児では知能の発達、身体発育の低下、情緒不安定、注意力散漫
  5. 易感染症(細胞性免疫能n低下)
  6. コラーゲン形成不全

といったような影響が出てしまいます。

オーソモレキュラー療法とは、こういった症状を薬を使わずに、適切な食事やサプリメントを使うことによって、細胞のひとつひとつを健康にし治癒させる栄養療法なのです。

栄養チェックレポート

当院では、オーソモレキュラー栄養療法の一環として問診シートに記入していただくことで、その人の必要な栄養素に応じたおすすめのサプリメント製品をご提案いたします。

栄養解析 ¥22,000(保険適用外)

疲れやすい、肩がこる、血圧が高い、最近太ったなど気になることはありませんか?
それは、病気になる前のカラダのサインかもしれません。

人間の身体は、生体恒常性を保つことで病気にならないようになっています。しかし、ストレス、加齢、栄養欠損などによって生体恒常性が乱れると病気が発症します。詳細な血液検査データを解析することで乱れをキャッチし、病気になる前に正しい栄養補給によって生体恒常性を回復させましょう。

 

栄養解析の流れ

1.  問診記入・血液検査

現在のお悩みや症状を把握するための事前チェックリストへのご記入や、血液・尿の検査を行っていただきます。

2.  栄養解析レポート

検査データに基づき医師が作成した、「栄養解析レポート」をご説明致します。

3.  あなたに合ったササプリメンをト処方

「栄養解析レポート」に基づき、最適なサプリメントをご提案します。