078-391-7887 受付時間 AM 10:00〜13:00 PM 15:30〜18:30 / 休診日 水・日・祝日

項目名

HPVワクチン

HPVに対して「私は大丈夫…」と思っていませんか?

HPVは、珍しいものではなく、性行為の経験がある女性の約80%が50歳になるまでには一度は感染するといわれているほどごくありふれたウイルスなのです。

当クリニックではHPV(ヒトパピローマウイルス)の予防接種をおこなっております。これから妊娠を希望している人など、感染が心配な人は一度当クリニックにご相談ください。

HPV(ヒトパピローマウイルス)について

HPVの説明をする前に、みなさんは子宮頸がんについてはご存じでしょうか?

 

子宮頸がんとは、子宮の入り口にある「子宮頸(けい)部」と呼ばれる部分にできるがんの事です。
日本国内では、年間約10,000人が子宮頸がんにかかり、毎年約2,800人の女性が命を落としています。

 

では子宮頸がんは何が原因で引き起こされるのでしょうか。

 

子宮頸がんのほとんどは「HPV」によって引き起こされる

子宮頸がんのほとんどはHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染が関わっています。
HPVとは、ヒトにしか感染できないウイルスで性的接触などで皮膚や粘膜にウイルスが接着することによって感染します。そのためHPVは珍しいものではなく、性行為の経験がある女性の約80%が50歳になるまでには一度は感染するといわれています。

outline outline2
このHPVには現在までに約100種類以上の型があるとされていて、若い方ほど感染しやすいことがわかっています。そのうちの15種類はがんを起こす「高リスク型HPV」と呼ばれ、主に16型と18型といった型が子宮頸がんの原因となるとされています。その他にも尖圭コンジローマの原因にもなるHPV6、11型などは「低リスク型HPV」と呼ばれます。

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染したとしても必ずしもがんになるわけではありません。HPVに感染しても90%以上の方が2年以内にウイルスが自然に排出されますが、こういったウイルスに数年から数十年にわたって持続的に感染すると、子宮頸がんになるとされています。

子宮頸がんを予防するには

子宮頸がんを予防には、HPVワクチンを接種することによって子宮頸がんの原因であるHPV感染を防ぐ一次予防と、定期的ながん検診でがんの早期発見をすることによる二次予防が重要になります。

当院ではそのHPVワクチン接種のよる一次予防と、子宮がん検診による二次予防の両方をすることができます。

子宮がん検診についてはこちら

HPVワクチンの種類と概要

当クリニックでは、HPVワクチンである「ガーダシル」と「シルガード9」を取り扱っております。

ガーダシルシルガード9
予防できる
HPV
高リスク型
16・18型
高リスク型
16・18・31・33・45・52・58型
低リスク型
6・11型
低リスク型
6・11型
接種回数3回
接種費用1回:18,000円(税込)
3回分セット:51,000円(税込)
※定期接種対象者は無料
1回:38,000円(税込)
3回分セット:108,000円(税込)

 

ガーダシルについて

ガーダシルは、子宮頸がんの60〜70%の原因となるHPV16・18型(高リスク型HPV)と、尖圭コンジローマの原因とされるHPV6・11型(低リスク型HPV)を防ぐことができます。
HPVワクチン定期接種対象者は、公費(無料)で接種することができます。

  • 定期接種対象者ではない方は自費となります。

 

当院での令和3年度HPVワクチン定期接種対象者
  • 接種日現在に神戸市に住民登録があること
  • 中学三年生(15歳)から高校一年生(16歳)相当までの女子の方(令和3年度現在であれば、平成17年4月2日~平成19年4月1日生まれが対象)

 

詳しくはこちら

神戸市ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(HPVワクチン)について

 

※神戸市ホームページには定期接種対象者に「小学6年生相当から高校1年生相当が対象」と記載されてますが、当院では「中学3年生相当から高校1年生相当のみ対象」となります。

 

シルガード9について

シルガード9は、日本国内では2021年2月に発売された新しいHPVワクチンです。効果・効能としては、ガーダシルで防げるHPV16・18型(高リスク型HPV)と、HPV6・11型(低リスク型HPV)に加え、高リスク型HPVであるHPV31・33・45・52・58型を予防でき、子宮頸がんの原因であるHPVの約90%を予防することができます。

 

ワクチン接種の流れ

gardasil2020

①電話予約

電話予約にてワクチンの在庫を確認し、接種日を決めます。

②1回目のワクチン接種

当院にて問診票をご記入いただき、医師の判断のもとで問題がなければ、ワクチンの接種をおこないます。ワクチンは筋肉内注射で行います。

③2回目のワクチン接種

1回目のワクチン接種をしてから、2か月後を目安に最低でも1か月以上後に、2回目のワクチンを接種します。1回目と同じもので量も同じです。

④3回目のワクチン接種

1回目のワクチン接種をしてから約6か月後を目安に2回目から、3回目のワクチンを打ちます。1回目と同じもので量も同じです。

 

接種上の注意点

以下に該当する方は接種できません
  • 明らかな発熱(通常37.5℃以上)をしている
  • 重篤な急性疾患にかかっている方
以下に該当する方は、担当の医師からワクチンのリスクや有用性について十分な説明を受け、よく理解した上で接種を受けてください。
  • 妊娠している方。
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害などの基礎疾患のある方
その他注意点
  • 接種後に、注射部位の痛み、そう痒感、発熱、頭痛といった副反応が起きる可能性があります。
  • コロナワクチンを接種前後にHPVワクチンを接種する場合は、互いに、一方のワクチンを接種してから13日以上の間隔をおいてください。
  • 原則は同じワクチンで3回接種を完了してください。異なる種類のワクチンを交互接種した場合の有効性、安全性について十分なデータはありません。
  • 接種後は注射部位をこすったり、強く揉んだりしないでください。
  • 接種後は過度な運動はしないでください。
  • ワクチンについて十分ご理解をいただいた上での接種となります。