078-391-7887 受付時間10:00~18:00

避妊相談

避妊相談

現在、日本においては男性主導のコンドームを用いる避妊が一般的ですが、近年、年齢やライフスタイルに合わせて女性も避妊に対し積極的な選択ができるようになってきています。医師やパートナーと相談し、さまざまな避妊法から個々のメリット・デメリットをよく理解した上で、納得できる避妊方法を選びましょう。

OCピル(低用量ピル)

卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンを人工的に合成した薬です。 毎日同じ時間に服用することにより、ホルモンの働きで女性の体を妊娠中に近い状態にし、排卵を抑制します。低用量ピルの避妊効果は95~99%といわれ、飲み忘れることなく規則正しく服用していれば、ほぼ確実な避妊効果を得ることができます。

  • ピルを購入するには医師の診察が必要です。
関連ページ

子宮内避妊器具

ポリエチレンなどでできた小さな器具を子宮内に入れることで、主に精子と卵子の受精を防いだり、精子が着床しないようにする避妊方法です。事前に医師の問診・検査を受けていただきます。挿入は生理開始後5日以内に行います。子宮内避妊器具は、特に以下のような方に最適な避妊方法です。

  • 出産経験のある方
  • 授乳中の避妊(ミレーナは授乳中に使用できません。)
  • 低用量ピルによる避妊ができない方
子宮内避妊器具の種類と特徴
  FD-Ⅰ ノバT ミレーナ
素材 合成樹脂とプラスチック 合成樹脂と銅イオン(380mg) 合成樹脂と黄体ホルモン不可(レボノルゲストレル52mg)
作用 受精卵の着床を防ぐ 子宮内への精子進入を抑える
受精を防ぐ
受精卵の着床を防ぐ
子宮内への精子進入を抑える
受精を防ぐ
受精卵の着床を防ぐ
月経量が減少する
避妊効果 80~95% 99.4% 99.8%以上
挿入期間 5年 5年 5年
費用 ¥32,400(税込) ¥54,000(税込) ¥75,600(税込)
写真

  • 上記費用には、初回生理後の検診費も含みます。
  • 挿入後、初回生理後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後に必ず来院の上、検診を受けてください。以後、6ヶ月ごとに来院していただきます。
  • まれに器具が脱出することがあります。再挿入の際は、各器具の実費が必要となります。
  • 初回生理後の検診時に器具が脱出もしくはズレていた方は、FD-I(¥22,000)での再挿入が可能です。

緊急避妊法(アフターピル)

避妊の失敗など緊急の妊娠回避のための避妊法です。ホルモン剤を服用し、排卵抑制、受精抑制、受精卵の着床を防ぐことで妊娠を回避します。性行為後、72時間(3日)以内にお越しください。妊娠を避けたいのであれば、継続的な避妊法をおすすめします。

関連ページ

当クリニックでは、低用量ピルによる避妊をお勧めしていますが、低用量ピルによる避妊ができない方などには子宮内避妊器具の挿入を行っています。避妊をお考えの方は、一度ご相談ください。望まない妊娠から自分を守るのは自分だけです。