078-391-7887 受付時間10:00~18:00

子宮膣部びらん

子宮膣部びらん

どんな病気?

子宮膣部が赤くただれたように見えます

子宮の入口付近である「子宮膣部」が赤くただれたように見えたり、本当にただれている状態をいいます。ただれているように見えるものを「仮性びらん」、本当にただれている状態を「真性びらん」といいます。
子宮膣部びらんのうち、ほとんどは「仮性びらん」で、生理のある女性にはごく普通にみられる一種の生理的変化といえるもので、病気ではありません。ただ、びらん部分は細菌や刺激への抵抗力が弱いため、おりものが増えたり出血したりすることがあります。

症状について

刺激に弱く、出血しやすくなります

子宮膣部びらんがあっても、特に症状のない場合も多くあります。よく見られる症状としては、おりものの増加があります。また、性行為やタンポンの使用などによって刺激を受けると、出血しやすいのも特徴のひとつです。

治療法

ひどい症状の場合のみ治療を行います

特に、ひどい症状がなければ、治療の必要はありません。不正出血やおりものなどの症状が気になる場合は、薬で炎症をしずめます。また、電気メスやレーザーメスを使って、びらんを焼く治療を行うこともあります。

注意が必要なのは、びらんができる部分は、子宮頸がんの発生場所と同じであるため、頸がんの初期病変と似ていることです。そのため、子宮膣部びらんがある場合には、がんの病変がないか、検査を行うのが一般的です。また、検査結果がびらんであったとしても、定期的に検査を受けることをお勧めします。

関連ページ

ブログが新しくなりました ゆかログ