078-391-7887 受付時間10:00~18:00

卵巣のう腫は手術も必要になるって本当⁈知っておきたい症状と治療法

卵巣のう腫は手術も必要になるって本当⁈知っておきたい症状と治療法

どんな病気?

卵巣に腫瘍ができる病気です

卵巣に腫瘍ができて、大きくはれてくる病気です。卵巣にできる腫瘍にはさまざまな種類がありますが、実際には卵巣にできる腫瘍のうち9割以上が良性の腫瘍です。そして、良性腫瘍の中で一番多いのが卵巣のう腫です。
卵巣のう腫は、卵巣の中に分泌液などがたまって腫れた状態で、中にたまっているものによって、以下の4つに分類されます。

漿液性のう腫

卵巣の表面を覆う上皮から発生し、中にはサラっとした液体がたまります。卵巣のう腫の中で最も多いタイプで、ほとんどが良性です。10代〜30代に多く、通常は単胞性ですが、多胞性のものもあり、多胞性のものは増殖して悪性に変化することがあるため、要注意です。

粘液性のう腫

のう腫の中に、ゼラチンのようにドロドロした粘液がたまります。卵巣のう腫の中でも一番大きくなるタイプで、大きいものでは、大人の頭ほどになることもあります。大きくなりすぎることで、のう胞が破れてしまうこともあるため、注意が必要です。

皮様のう腫

のう腫の中に、髪の毛、歯、骨、皮膚、脂肪などが含まれています。10代・20代の若い女性にも多くみられるのが特徴です。卵巣の中にある何十万個という卵子の元が、受精していないのに、勝手に分裂を始め、その結果、人体のいろいろな部分が中途半端にできてしまうと考えられています。受精していない卵子が分裂を始める原因は不明です。

関連ページ

症状について

大きくなるまで自覚症状はほとんどありません

のう腫がどのタイプであっても、小さいうちはほとんど自覚症状がありません。にぎりこぶし大ぐらいの大きさになっていても自覚症状はほとんど無いのが一般的で、ほかの病気の検査や検診で偶然に発見されることが多い病気です。
にぎりこぶし大以上の大きさになってくると下腹部が膨らんできたり、腹壁が引っ張られているような違和感や軽い痛みを感じることがあります。
さらに大きくなると、卵巣が何かのきっかけで根本からねじれる「茎捻転(けいねんてん)」と言われる状態になることがあり、突然下腹部に激しい痛みが起こったり、ショック状態に陥ったり、嘔吐などの症状が起こります。茎捻転を起こすと、ねじれた部位から血が回らなくなり、卵巣が壊死する危険があるため、緊急手術が必要になります。

治療法

卵巣のう腫の治療は、腫瘍の種類、大きさ、年齢、これからの妊娠・出産の希望などを考慮して選択することが大切です。
基本的には、2〜3cm程度の小さなのう腫は、定期検査で経過を観察します。
大きさが5〜6cm以上になったり、悪性が疑われる場合は、手術を行います。手術には、のう腫だけを摘出する「のう腫核出術」と、大きいのう腫や他の臓器との癒着がみられる場合に行う「付属器摘出術」があります。

卵巣はふたつあるため、万が一、手術で片方の卵巣を取り除かなければならなくなっても、残った卵巣が働くため妊娠、出産は可能です。ご安心ください。

ブログが新しくなりました ゆかログ