078-391-7887 受付時間10:00~18:00

婦人科ドック

婦人科ドック

当クリニックでは、通常の健康診断などでは受けることの少ないおりもの検査や性感染症検査、超音波による子宮・卵巣の検査などを受けていただくことができます。今、特に気になる症状のない人でも、1~2割の方に何らかの疾患が見つかっており、その多くが子宮筋腫、子宮内膜症、クラミジア感染症です。異常が無いからと安心せず、自分自身のために、パートナーのために、また、将来的に子どもがほしい方はこれから生まれてくる赤ちゃんのためにも、定期的にご自身の体の状態をチェックする習慣をつけておきましょう。

婦人科ドック検査項目

3つの婦人科ドックコース

当クリニックでは婦人科ドックとして【パール】【サファイア】【ブライダル】の3つのコースをご用意しています。各検査の項目や費用は、以下の通りです。

超音波検査(子宮・卵巣)

超音波器具を膣内に挿入して、はね返ってくる超音波を見ながら子宮・卵巣の状態を調べ、検査します。子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫などの病気がないか確認できます。

おりもの検査

子宮頸部の分泌液(おりもの)を、綿棒のような器具でこすって採取。雑菌の有無や性感染症の検査です。

子宮頸がん検査

性交経験がある人なら誰でもかかる可能性がある子宮頸がんの細胞診検査です。子宮の入口を専用器具でこすり、粘膜細胞を採取します。あまり痛みもなくすぐに終わります。

HPVスクリーニング検査

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の種類を調べます。この検査でより正確な子宮頸がんの結果がわかります。そのため、子宮頸がんになる前に予防対策できます。子宮頸がんの細胞診検査と同時に調べます。

骨密度検査

エストロゲンの分泌が減る40代後半から骨密度は急激に減少しますが、20~30代でも過激なダイエットや運動不足で値が低くなることがあります。骨密度のピークである30代以前の骨量を知り、40代から毎年測定すれば、骨量を落とさないための予防が可能です。

血液検査(感染症検査)

梅毒、HIV、B・C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べます。

風疹抗体検査

風疹に対する免疫力を調べます。風疹は、妊娠初期に感染すると赤ちゃんにも感染する可能性が高くなります。また、過去に感染したことがあり、すでに免疫がある方でも免疫力が低下していると2度かかる方もいます。免疫がない、または免疫力が低い方は、ワクチンの接種を推奨します。

検診費用

検査項目 パール サファイア ブライダル
超音波検査(子宮・卵巣)
おりもの検査
子宮頸がん検査
HPVスクリーニング検査
骨密度検査
血液検査(感染症検査) -
風疹抗体検査 - -
検査費用(全額自己負担) ¥24,000(税込) ¥36,000(税込) ¥39,000(税込)
  • 別途・初診療(¥3,240)、再診療(¥1,080)がかかります。

その他オプション検査

当クリニックでは、上記の3つのレディースドックに、オプションとして、ホルモン検査を実施しています。オプション検査をご希望の場合は、ご相談ください。

症状が無いことと異常が無いことは違います。今、異常がないからこそきちんと検査を行い、病気の芽を摘み取ることが、将来的に重要です。